ピアノの購入を考える時によくある質問

ぴあの選びバナー5

ピアノを買おうかどうしようか迷うときによくあるQ&A

ピアノを買おうかどうしようか迷うとき、いろんな問題、疑問が頭に浮かんで、なかなか

決断できないこともありますよね。

ここでは、そんなピアノの購入にまつわるよくある質問に答えてみましょう。

Q. 子どものレッスンが続かなかったら、ピアノが無駄になるのが心配。

A.   ピアノ購入後、ほどなくお子様がレッスンをやめられると確かに無駄になるかもしれません。

反面ピアノで練習していればより早く上達していたのに・・・という声も多く耳にすること

があります。

お子様は大人が考える以上に柔軟に上達する能力を持っています。

ピアノで練習することはその上達を速め、より様々な音楽能力が身につきやすくなります。

まずは前向きにお子様の可能性を考えてあげていただきたいものです。

ちなみに新品ヤマハピアノをご購入された場合は、万が一ピアノが必要なくなった場合、

ヤマハが買取してくれる「買取保証制度」もあります。ぜひご利用ください。

ヤマハ買取保証ご購入プランはこちら

 

Q. アコースティックピアノは大きいから置き場所に困る

A.  背は高くなりますが。88鍵の電子ピアノと比べて床面積はそれほど変わりません。

88鍵の電子ピアノが置けるなら、アコースティックピアノも置けます。

グランドピアノだとしても、C3シリーズまでは4畳半のスペースに置くことができます。

グランドピアノの場合は、実寸大の型布を置いて、置き場所のシュミレーションも可能です。

※置き場所のシュミレーションをスマホアプリでできます。詳細は下記からどうぞ。。

→ピアノ置き場所スマホアプリ

※ヤマハホームページにピアノ置き場所シミュレーションページがあります。下記からどうぞ。

→ヤマハピアノ置き場所シミュレーション

Q. ピアノって重たいんでしょ。床の補強が必要ですか?

A.  ピアノの重さは、アップライトピアノで約200kg~250kg、グランドピアノで

約300kg~350kgです。

床を補強されるに越したことはないのですが、通常は補強せずそのまま置かれ

ている家がほとんどです。

一軒家の2階に置かれる場合は、家を建てたメーカーか工務店に念のために相談

された方がいいでしょう。

 

Q. アコースティックピアノにしなくても、電子ピアノで事足りるのでは?

A.  最近の電子ピアノ(ヤマハクラビノーバなど)は、性能も上がり、音もよくなりました。

価格もアコースティックピアノを買うことを考えれば、かなりリーズナブルです。

定期的なメンテナンス(調律)も不要で、夜はヘッドホンで弾ける、といったいいこと尽くしです。

ただ一つ違うのが、タッチ感と音を出す仕組みです。

アコースティックピアノは、鍵盤を弾く力がアクションに伝わり、ハンマーが弦をたたき、

弦の振動を響板に伝わり、音が増幅されることで音が出てきます。

弾いた音以外の弦も共鳴するので、ピアノ本来の豊かな響きが得られます。

微妙なタッチが音に伝わるので、演奏者によって多彩な表現が可能です。

電子ピアノは、アクションがなく鍵盤の底にあるセンサーが鍵盤の動きを感知して

音の強弱を表現します。アクションを搭載してない分どうしても表現力は大まかな

ものになってしまいます。

電子ピアノは現代の家庭環境にマッチして、メリットも多く、おすすめの機種も多い

のですが、ピアノ本来の音、表現を求めるならアコースティックピアノとなります。

ホーム > ピアノの購入を考える時によくある質問

このページの上へ